WEB予約WEB予約 オンライン診療オンライン診療

ここクリニック皮フ科アレルギー科

お電話でのご予約・お問い合わせ
045-561-1100

ここクリニック皮フ科アレルギー科

MENU

美容皮膚科

Medical

Medical美容皮膚科(自費診療)

自費診療とは、健康保険が適応にならない領域の治療のことです。海外では認められている治療でも国内では認められていない治療や、美容目的の治療などがあたります。
当クリニックでは、わかりやすく値段設定を行っています
※価格は全て税別です。

内容 料金(税別)
初診料 3,000円
再診料 1,000円(処置のない場合)

Medical重症にきびーイソトレチノイン内服療法ー

イソトレチノイン

海外では、重症ニキビの治療として認められている治療ですが、日本国内ではまだ保険適応がない治療方法です。催奇形性があり、妊娠する可能性がある方や妊娠中の方は服用できません。また、乾燥、口角炎、肝機能障害などの副作用が出現する可能性があるため、専門医の診断・管理の下で治療を行う必要があります。 通常の治療では改善しない、重症のニキビの患者さんのみが適応になります。通常は、10-20mg(重症度や患者さんの体形に合わせて決めます)を半年を目安にして、内服していただきます。改善が乏しい場合は内服期間を延ばしたり、副作用が生じた場合は中止する場合もあります。

<治療を受ける際の注意点>

 ・現在は、保険適応外の治療です⇨検査、診察、薬剤など全て自費になります。

 ・既存の治療では効果が乏しい「難治性のニキビ」の方が対象⇨通常の治療をしていない方は、治療を受けられません。

 ・飲んでいる間は、避妊をしなければならない、定期的な採血が必要など守って頂くことがいくつかあります。

 しっかり定期的に通院する必要があります。

 

<イソトレチノイン治療にかかる費用>

内容 料金(税別)
薬剤費
(イソトレチノイン20mg)
1錠:350円

1箱(10錠):3500円

診察代 初診:3000円

再診:1000円

採血検査 3500円(1回/月)
尿検査 600円(1回/月)

※原則的に、上記以外の料金はかかりません。

Medicalピーリング

ニキビ、シミ、シワに効果がある処置になります。皮膚科学会が策定しているガイドラインにも記載があり、医学的根拠を伴っている治療になります。処置は1ヶ月に1回、半年(計6回)程度継続することが推奨されています。当院では、3種類のピーリング製剤(①サリチル酸②乳酸③グリコール酸)から、患者さんの肌の状態や希望を考慮し、施術を行っています。専用の処置室で、ゆったりとした気分で受けられる処置です。

ピーリング製剤の特徴

 

①サリチル酸

サリチル酸マグコロール30%製剤を使用。クリーム状のピーリング製剤で、5分程度マッサージしながら塗布し、その後ふき取ります。やや刺激や乾燥を感じる場合があります。初めての方、にきびが気になる方におすすめ。

②乳酸

乳酸30%をベースに、サリチル酸、グリコール酸も配合した製剤。液体状の製剤で、3分程度塗布後に中和剤で拭き取ります。やや刺激を感じる場合がありますが、乾燥は軽度です。アンチエイジング目的、にきびの方におすすめ。

③グリコール酸

グリコール酸30%+乳酸20%、サリチル酸を配合した製剤。当院では最も強い効果のある製剤。液体状の製剤で、1-3分程度塗布後に中和剤で拭き取ります。強いピーリング効果がありますが、刺激を感じることもあり、2回目以降におすすめ。

内容 料金(税別)
①サリチル酸 1回8,000円 / 6回セット40,000円
②乳酸 1回9,000円 / 6回セット45,000円
③グリコール酸 1回10,000円 / 6回セット50,000円

 

Medicalプラセンタ

プラセンタは、英語で「胎盤」という意味です。プラセンタ療法とは、胎盤から抽出されたエキスを用いた治療のことです。製品としては、注射製剤(皮下注射、筋肉注射)とサプリメントがあります。現在日本ではヒトの胎盤から抽出されたエキスは、注射製剤としてのみ使用が認められています(サプリメントとしての使用は認められておらず、馬や豚の胎盤が使用されています)。医療用医薬品として、以下の2つの注射薬があります。

メルスモン

メルスモン製薬株式会社製造。1956年に更年期障害と乳汁分泌不全に対して、健康保険が適応され使用されています。

ラエンネック

株式会社日本生物製剤製造。1959年に慢性肝疾患における肝機能の改善に対して、健康保険が適応され使用されています。

日本では、半世紀以上も前からプラセンタは注射薬として使用されています。そして、プラセンタを使用した患者さんに、いろいろな作用が出現したことから、現在は自費診療として上記以外の目的で使用されることが多いです。

これまで報告されている作用としては、

・自律神経調整作用
・免疫活性化作用
・抗炎症作用
・抗酸化作用
・抗疲労作用
・血行促進作用

などがあります。当クリニックでは、皮膚疾患、アレルギー疾患、慢性疲労、腰痛・肩こりなどの方を対象とし、希望される方に行います注射製剤はサプリメントと比較して、一般的には効果が早く強く現れるとされています。
効果をしっかりと感じたい方は、開始1ヶ月程度は2-3回/週の頻度で打ち、その後は症状をみながら1回/週程度で維持されるとよいでしょう。

ヒトの胎盤から抽出されたエキスを使用した注射製剤であるため、基本的には安全な薬ですが、献血ができなくなるなどの注意点があります。当クリニックでは、しっかりとインフォームド・コンセントを行ったうえで、注射を施行しています。

内容 料金(税別)
1回(2mL) 1,500円
2回(計4mL) 2,500円(診療料金はかかりません)

※腕や臀部への皮下注射を行います。

 

Medical男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症は、AGAともいわれており、思春期以降の男性にみられる脱毛症です。頭頂部と前頭部の脱毛が特徴と言われており、原因として男性ホルモンの関与が明らかになっています。治療は、男性ホルモンを抑える内服薬が基本になります。医学的な根拠がある外用薬としては、ミノキシジルがあります。ミノキシジルはリアップシリーズとして市販されています。

内容 料金(税別)
プロペシア 28錠(後発品) 4,000円
プロペシア 28錠(後発品)【半年パック】 23,000円
ザガーロ 30cp 8,200円
ザガーロ 30cp【半年パック】 48,000円

Medicalしみ・しわーハイドロキノン・トレチノインー

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンの産生を阻害する作用があります。2001年の規制緩和によって、化粧品としても成分に配合できるようになりました。メラニンの産生を阻害する作用がある一方、刺激による赤み、かぶれなどの副作用も生じやすいので、使用方法などに注意が必要です。5%前後の濃度が、最も効果と副作用のバランスがとれている濃度と言われており、当院では4%のハイドロキノンを採用しております。

使用方法は、夜の洗顔・スキンケア後に気になる部位にぬってください。ハイドロキノンを使用中は、紫外線の影響を受けやすくなりますので、日中は使用せず、日焼けどめを必ずぬるようにしましょう

当院で採用しているハイドロキノンはJMEC社のナノHQクリームです。ハイドロキノン以外に、炎症後の色素沈着を予防する効果があるフラーレンも配合されており、レーザーなどを受けた後の炎症後色素沈着を予防する目的でひろく使用されています。

 

内容 料金(税込)
ハイドロキノン(4%)  5g 2,200円

※初診時のみ、別途診察代がかかります。

トレチノイン

トレチノインは、ビタミンA誘導体で、もともとは難治性のニキビに対する治療薬でした。現在は、しみ・しわなどの紫外線による肌ダメージに効果があることが分かり、広く使用されています。しわに効果がある成分として、化粧品に配合されている「レチノール」という成分がありますが、レチノールはトレチノインの1/100程度の生理作用しかないと言われています。

トレチノインは、濃度によって効果や副作用が異なります。当院では、副作用がでにくく効果も得やすい0.1%のトレチノインを採用しています。トレチノインの効果として、以下の2点があります。

1)角質をはがすことで表皮のメラニンを排出し、しみを改善させる

2)真皮のコラーゲンに刺激を与えることで、小じわを改善させる

効果は個人差がありますが、塗った部位が赤くなり、薄い皮膚がはがれる方が多いです。赤みなどの炎症が一時的に出現するので、炎症後の色素沈着予防のためにも、ハイドロキノンとの併用をおすすめしています。

内容 料金(税込)
トレチノイン(0.1%)  5g 2,000円

※初診時のみ、別途診察代がかかります。

 

MedicalビタミンCローション

ビタミンCは抗炎症効果があることから、ニキビやニキビ跡の赤みを軽減させる効果が期待できます。日本皮膚科学会の尋常性ざ瘡ガイドラインでも、使用が推奨されています。

当院では、10%の高濃度のビタミンC誘導体(APPS /成分名:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)のローションを扱っております。ニキビやニキビ痕のお悩みの方は、ぜひご相談ください。

また、ビタミンCは美白効果も期待できますので、しみ予防にもおすすめです。

 

Medicalドクターズコスメーアゼライン酸ー

ドクターズコスメとは、医師の診察が必要で、原則医療機関でしか販売されない化粧品のことを言います。全て自費診療の扱いになります。初診からオンライン診療での販売が可能です。代表的な化粧品をお示ししますが、これら以外にもご要望や皮膚の状態に応じて、様々な化粧品を提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

アゼライン酸

アゼライン酸は、海外ではニキビ治療薬として昔から使用されているものですが、日本では保険適応になっておらず、自費での購入となります。 アゼライン酸は、穀類や酵母に含まれている成分で、日常的に口にしているものに由来した酸です。昔から海外で使用されていること、天然由来の成分であることからも、安全性が高い成分とされています。

抗炎症効果や美白効果があり、ニキビや、酒さ(慢性的な顔の赤み)に効果があるとされています。当クリニックでは、ロート製薬株式会社のDRXAZAクリアというクリームを販売しています。まず、少量で試してみたい方には、試供品も用意しております。

内容 料金(税別)
DRX AZAクリア 15g 1,800円

<アゼライン酸>

Medicalドクターズコスメーピーリング石鹸ー

ピーリング効果のある石鹸は、市販品も多くありますが、選ぶポイントとしては、ピーリング剤がしっかり配合されているかどうかです。

当院では、2種類の洗顔せっけんを扱っています。いずれもクリニックでしか取り扱いがないものです。
①「Cellnew(セルニュー)」のピーリングソープ

AHA:クエン酸、BHA:サリチル酸が高濃度に配合された石鹸です。にきび予防や、毛穴のケアなど、日々のスキンケアに使用して頂けます。

ピーリング石鹸

②plus RESTORE 泡ピーリング

グリコール酸、乳酸、サリチル酸などの5つの角質ケア成分、ティーツリーオイル、グリチルリチン酸2Kなどの抗炎症効果の期待できる成分も配合されています。クレンジングもできるので、ダブル洗顔不要です。

Cellnew ピーリングソープ(90g)  2200円(税抜き)
plus RESTORE 泡ピーリング(200ml)      3600円(税抜き)

Medical巻き爪

巻き爪用のワイヤー

ワイヤー挿入後の爪

巻き爪は陥入爪(かんにゅうそう)とも言われており、爪の切りすぎや靴が合わないことなどで生じます。痛みや炎症がある場合は、保険診療で治療を行います。炎症が治まったら、ワイヤーを入れることで、巻き爪を改善していきます。この治療は、保険外診療(自費診療)になります。

当院では、マルホ株式会社から出ている「巻き爪マイスター」という超弾性合金ワイヤーを用いて施術を行っております。爪の大きさに合わせてワイヤーを購入頂き、施術致します。

1回の施術の料金は、7000円になります。

ワイヤー料金 3000円
施術代金 4000円