WEB予約WEB予約 オンライン診療オンライン診療

ここクリニック皮フ科アレルギー科

お電話でのご予約・お問い合わせ
045-561-1100

ここクリニック皮フ科アレルギー科

MENU

院長コラム

Column

  • 2020年5月10日

専門医と一緒にアレルギーの原因を調べよう~view39の検査について~

こんにちは。ここクリニック院長岡田です。さまざまなアレルギー症状で悩まれている方は多いと思います。今回は、採血で調べられるアレルギー検査について説明します。この検査は、保険診療で受けることができますので、お困りの方はお気軽に相談してください。

採血によるアレルギー検査について

当院では、アレルギーのスクリーニング検査として、「view39」と言う血液検査を採用しています。view39は、主要なアレルゲン39種類を同時に測定することができます。数mL程度採血をして、約1週間後に結果がでます。

<view39で測定できる項目>

<検査項目の一覧>

項目としては、「吸入系のアレルゲン」と「食物系のアレルゲン」に分かれています。採血は診察(初診でもOK)と同日に可能です。1週間後を目安に再診いただき、アレルギー専門医である院長が結果について、詳細に説明し、生活や食事指導を行います。必要に応じて、追加の検査を行います。 view39の採血検査は、5000円程度(3割負担)かかります。39項目も検査が不要な場合は、明らかに特定のアレルギー反応が疑われる場合は、特定のアレルゲンに絞った採血をおすすめすることもあります。また、採血だけではアレルゲンを特定できないケースも多くあります。特に、食事系のアレルゲンについては、採血で偽陰性(本当はアレルギーがあるけど、採血結果では陰性と出てしまう)となってしまうことがあります。これまでの患者さんのエピソードから、食物アレルギーが疑わしい場合は、追加の検査を行う必要があります。

アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー疾患は、全人口の約2人に1人が抱えているとも言われています。view39検査は、「何に対してアレルギーがあるかわからない」という症状で困っている方に対して、原因を特定し、それを避けることで症状を改善させる目的で施行する検査になります。
これまで、検査を受けたことがなく、アレルギー症状にお困りの方はぜひご相談ください。

院長コラムへ戻る